業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

お散歩代行はペット関連事業になりますか?

近所に高齢の方が多く住んでいて、ペットを飼っていらっしゃる方もよく見かけます。ただ足腰が弱ってる方も意外といて、毎日の散歩に難儀している方も少なくないとか。
そこでペットのお散歩代行サービスを始めることにしました。これはペット関連事業に当てはまるでしょうか。また事業展開の際、注意したほうがいいことなども教えてください。


回答

ペットのお散歩はペットシッターやペットホテルがオプションとして展開しています。


ペットが家族の一員として見られて久しいです。室内犬のように室内で買われる動物の数は上昇中で、多くの方がペットに癒しを求めているというのが分かります。
ただそうなると、なかなか家の中に放っておくこともできない、という事態も頻発します。ショッピングや会食などペットを連れていくわけにはいかないシーンで、どうやってペットの世話をするのかという問題は古くて新しいものです。
こんなシチュエーションを解決するのがペットシッターやペットホテルといった施設です。ペットシッターであれば時間単位で、ペットホテルであれば日数単位でペットを預けることができます。
今回のご相談者は高齢者のペット問題に興味をお持ちのようです。現状ではペットシッターやペットホテルが手掛けているお散歩代行ですが、専業にすることで、サービスの付加価値をつけることが可能かもしれません。
サービス発足に関しては制限等はないと思われますが、飼い犬の指導法や効果的な運動・栄養の取り方など基本的な事は学んでから、会社を起こしても遅くはないでしょう。資格取得を伴うものであれば、それに裏付けられたサービスを提供可能になります。店内に賞状や修了書が並んでいれば、それだけで顧客に安心感を与えることができます。
事業開始当初は実際にペットを飼われている方に直接売り込みに行ってもいいでしょう。他にもブリーダーの方に相談するのもいいかもしれません。上述のペットホテルや既存のペットショップなどとも連携をとって、業界にも飼い主にも身近な存在になることができたら、業務の幅も広がるのではないでしょうか。
散歩の最中のおやつや運動中に消化のいいペットフードの開発も面白いかもしれません。メインのサービスに付加価値をつけていくことで、業務の幅も顧客層の幅も広がります。
理想とするサービス形態をみつけ、実現していってください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク