業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

ペットを飼うなら犬と猫のどっちがいい?

ずっと動物が好きで、ペットを飼いたかったのですが、両親共に動物嫌いで、特に母が猫アレルギーということもあって、小さい頃からペットを飼いたいと親に強く言うことはできませんでした。
2年前に大学を卒業して、昨年から待望の一人暮らしをはじめて、ようやく仕事にも一人の生活にも慣れてきたので、念願のペットを飼うことを決意しました。
そこでこないだからペットショップではじめてのペットを物色しているのですが、犬と猫のどちらにすべきか悩んでいます。
ペットショップの店員さんにストーレートに悩みを相談しましたが、どちらがいいとは言えないと軽く突き放されてしまい、さらに悩みが大きくなってしまったのですが、どうやって犬か猫を決めればいいでしょうか?良きアドバイスをよろしくお願いいたします。


回答

人によってどちらが向いているかのポイントはたくさんあります。


まず、利用したペットショップですが、もしお客様の真剣な悩みにきちんと耳を傾けてくれなかったとしたら、そのような不親切な店員がワンちゃんや猫ちゃんの面倒をみているようなお店は利用しない方がいいでしょう。
もちろん、犬か猫のどちらを飼うかに正解はないので、どちらが向いているかは「その人による」というのが正しい回答となりますが、どちらがお客様に適しているかをアドバイスすることはできますし、犬と猫にはそれぞれ飼いやすいポイントも特徴もあるので、それを教えてもらえば、お客様自身でもどちらが良いか判断できます。
犬の場合は、しつけがしやすく、自分が面倒を見られないときでも簡単に預けることができるホテルが多いということが大きなポイントです。
猫は、散歩の必要がない、留守番が得意、定期的なシャンプーの必要がないなどの特徴があります。
性格も犬は飼い主に忠実な子が多く、猫の場合は気まぐれで飼い主の気分に合わせることがない子が多いのが特徴です。
部屋の広さも、犬の場合は小型犬でも、ある程度家の中で走り回るスペースが必要ですが、猫に必要なのは上下運動であることから、それほど広いスペースもいりません。
その他にも、犬と猫ではトイレの準備も異なりますし、体臭は個体差がありますが、猫はほとんど体臭がないのに対して、犬の場合は基本的に体臭があり、こまめにお手入れをしてあげなければいけません。
ここまで説明しただけでも、自分にはどちらが向いているか判断できる材料はたくさんあると思いますので、是非どちらか飼うかの参考にしてください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク