業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年03月18日 [FAQ]

ペットホテルの利用の流れと選ぶ上での注意点は?

今までは仕事で夜遅くなるときはあっても、丸一日家を空けなければいけなくなるようなことはなくて、旅行や実家に帰ってどうしても家を空けなければいけない場合は、大切なペットのワンちゃんを預かってくれる恋人がいたので、これまで一度もペットホテルを利用したことはありませんでした。
しかし、昨年末に結婚も考えていた恋人と破局してしまい、さらに来月から仕事で月に1度のペースで大阪か名古屋に出張しなければいけなくなってしまって、その度に愛犬を預かってくれる友人などを見つけるのは大変なので、今後安心して利用できるペットホテルを探しているところです。
ペットホテルを選ぶ上での注意点と、ペットホテルを利用する流れを、大まかでいいので教えてください。


回答

求めるサービスや設備や体制が整っているホテルを選択しましょう。


ペットホテルは、宿泊できる以外にも、食事のお世話や散歩などを飼い主に代わって行ってくれますし、トリミングや送迎などのオプションサービスを提供しているホテルも少なくありません。
まずは、ペットホテル利用の一連の流れを紹介します。
事前に予約した日にペットホテルに連れて行き、チュックインを行います。
はじめて利用する場合は、利用に関する説明やワンちゃんに関するヒアリングに時間もかかりますので、時間には余裕をもつことをおすすめします。
ホテルによって設備は異なりますが、日中はフリースペースで自由に過ごせるようになっていて、1日2回程度の散歩に連れて行ってもらえます。
トリミングの他にも、マッサージやしつけ教室などのオプションが用意されているホテルを利用すれば、ワンちゃんも有意義な時間を過ごせるでしょう。
就寝時はゲージで過ごすことになり、もちろんしっかり食事も与えてもらえます。
時間がくれば迎えに行って、チェックアウトとなりますが、このときに滞在中のペットの様子を伝えてもらえます。
ペットホテルは、法律により「動物取扱業」の登録が必要ですので、念の為登録の有無を必ず確認しましょう。
利用にあたり、狂犬病予防接種や混合ワクチン接種の証明書などの提示を求められますので、事前にきちんと確認して必要なものを用意しておきましょう。
夜中は無人になるホテルもあったり、宿泊中の様子をカメラで撮影してスマホなどで確認できるホテルも増えているので、各ホテルのサービオやオプションを確認して、それぞれの希望に合っていて安心して利用できるホテルを選択しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク