業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

ペットショップとブリーダーのどちらがいいの?

一人暮らしをはじめて、丸2年が経過しました。
前から実家を出たら可愛い室内犬を購入しようと密かに計画していましたが、自分でも飽きっぽい性格であることはある程度承知していたので、実際に一人暮らしをはじめても気が変わらないか確認するためにも、今まで早く飼いたい気持ちを抑えて、今日にいたりました。
気持ちが変わらないことにも確信を持てたので、犬を飼うことにして、こないだからペットショップ巡りをしたり、すでに犬を飼っている友人たちからいろいろな情報を集めている最中ですが、その中には「あそこのペットショップは店員全員がプロだから良い」とか「ペットショップで犬を飼うときには気を付けなければいけないことがいろいろある」とか「ワンちゃんを飼うならブリーダーでなければ後悔するよ」など、人によって意見が異なり頭が混乱しています。
確かにペットショップでは、多くの人の見世物状態になっていて、子犬には大きなストレスがかかるという意見は理解できるので、それならやはりブリーダーを利用しようかと、そっちに気持ちが傾いているのですが、実際のところ、ペットショップとブリーダーのどちらがいいのでしょうか?


回答

最終的には自分で判断して購入先を決めましょう。


確かにペットショップで販売されている子犬ちゃんたちには、見世物になっていることで大きなストレスがかかっています。
海外では日本のようなペットショップがない国が多く、ペット先進国では、ワンちゃんにストレスを与えるペットショップの存在自体を信じられないという意見があることも事実です。
ペットショップからワンちゃんを購入するメリットとしては、直接店頭でたくさんの犬種のワンちゃんを比較できて、抱っこしたり手で触れることができるところです。
大手のペットショップなどでは、生命保証が付くなどのメリットもあります。
犬を飼うのと同時に、ゲージや餌など必要なものをまとめて揃えられるのもメリットです。
ブリーダーからワンちゃんを購入する場合は、人気の品種を複数育てているところもありますが、1種類しかブリーディングしていないところも多く、ブリーダーの経験や知識なども異なります。
ブリーダーを利用する場合のメリットは、子犬の親や親戚などに会うことができることや、生まれ育った環境を実際に見られることです。
それぞれのメリット、デメリットを考えて、購入先を決めましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク