業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

ペットの販売にマイクロチップの義務化がされました。皆さんはマイクロチップを装着しますか?

先日、ペットの販売業者に対して、ペットへのマイクロチップの義務化が決定しましたね。
これまでも、ペットの販売業者によってはマイクロチップを埋め込んでいたようですが、生体にマイクロチップを埋め込むって、実際どうなんですか?
私はあまり賛成できません。
そもそも前提として、飼う人が捨てたりすることが原因じゃないですか。
だったら、購入するまでに高いハードルを設けて、それを突破した人が飼えるように制度を変える方が先だと思います。
そもそも、ペットの里親になるには厳しい審査やお試し期間が設けられているのに、なぜペットショップやブリーダーさんは簡単に販売することができるのでしょうか?
このマイクロチップの義務化について、どう思いますか?

回答

賛否両論はあるでしょうね。


ペットに対するマイクロチップの義務化は、賛否両論があることは間違いないでしょう。
ただ、個人的には賛成です。
捨て犬、捨て猫が増えている現状、殺処分0にするためには飼う側のハードルを上げるというあなたの意見には賛成です。
しかし、具体的にどのようなハードルを設けるのか、という部分や、現在ペット関連の事業で生計を立てている人に対して、いきなり制度を変えるというのはさすがに難しい部分はあるでしょう。
そこで、マイクロチップで場所を特定したり、個人識別を行うことで、飼い主が特定できるようにすれば、それがペットを飼う時のハードルの1つになると思います。
そもそも、生体にマイクロチップを入れることに対する問題意識ですが、いずれ無くなった方が良いとは思いますが、実際には犬、猫だけではなく、どんどん増えていくでしょうね。
残念ですが、あなたの言うように、ペットを「商品」として考え、ペットを傷つけることを「器物破損」として扱い、物として考えている今の日本では、このような対応を取るしかないと現状でしょうね。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク