業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

ペットホテルを利用するための条件とは?

一人暮らしをはじめて犬を飼う念願が叶って、はじめてだったので育て方をしっかり勉強して定期的に動物病院に連れていき大事に育ててきました。
仕事中は一人にしていますが、それ以外は外出する時でも旅行に行く時でもいつも一緒で、今まで一度も夜一人にしたことはありませんでした。
しかし今度から最低でも月に1度は出張に行かなければいけなくなってしまい、預かってくれる友達もいますが、毎回迷惑をかけるわけにもいかないし、当然友達の都合が悪い時もあるので、ペットホテルを利用しようと思っているのですが、小型犬の利用料金と、利用する際に必要な条件などはありますか?
それと自宅で犬のお世話をしてくれるペットシッターというものもあると聞きましたが、こちらはどのようなサービスでどのくらいの費用がかかるのでしょうか?


回答

ワクチン接種などが必要になります。


一口でペットホテルと言っても、ホテル専用の施設もあれば、ペットショップやトリミングサロンに併設されているものもあれば、動物病院で預かってもらえるサービスもありますので、料金設定もいろいろ変わってきます。
東京などでは出張中に預けやすいように、空港に近いペットホテルも多くなっていて、その場合は料金も他の施設と比較すれば多少料金も高くなりがちですが、小型犬であれば一般的には相場は一泊3,000円程度となっています。
ペットホテルを利用する条件としては、どうしても複数の動物が集まる場所で、病気への感染リスクが高くなるため、ほとんどの施設ではワクチン接種や、狂犬病予防接種、ノミ・ダニ予防を済ませていけなければいけません。
接種証明書の提示を求められる場合もあり、求められるワクチンの接種も異なりますし、発情中は利用を断られる場合もありますので、事前に何が必要なのか確認しておきましょう。
自宅でワンちゃんのお世話をしてもらえるのがペットシーターの良いところで、人見知りや犬見知りのワンちゃんはストレスなく過ごすことができます。
こちらは1時間単位での料金設定が多く、1時間3,000円前後が相場となっています。
ただし、シッターさんに鍵を預けなければいけないし、シッターさんがいない場合の緊急事態には対応できないなどのデメリットがありますので、状況に合わせていずれかのサービスを選択してください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク