業者選びに役に立つペット事業に関連した業者をご紹介します。

ペット事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

優良ブリーダーの選び方とは?

2年前に愛犬を亡くして、そのショックが大き過ぎて、もう生き物は飼えないと思っていました。
ペットショップから8年前に購入して、健康面にも気を付けて、体調が悪そうだとすぐに近くの動物病院で診てもらい、獣医さんのアドバイスもきちんと聞いて大事に育ててきました。
犬の寿命は昔よりかなり長くなっていて、小型犬だと15年は普通に生きると聞いていたこともあって、私の育て方が悪かったと今まで思い込んでいて、私にはワンちゃんを飼う資格がないのだと、愛犬を亡くしてからしばらく思い悩んでいました。
しかし、最近犬好きの友人から、ペットショップで売られているワンちゃんは、最初から健康面でも精神面でも不安な点が多く、そのせいで長生きしないことにもつながっているから、ワンちゃんを飼うならブリーダーを利用した方がいいと言われて、気持ちも晴れて2匹目のワンちゃんを飼う決心をしました。
中には悪徳ブリーダーもいるから気を付けた方がいいと、友人からアドバイスをもらいましたが、信頼できる優良ブリーダーの選び方を伝授してください。


回答

清潔な環境で飼育していることを確認しましょう。


優良ブリーダーを選ぶ時のポイントの1つには、長く特定の犬種を取り扱っているかどうかがあります。
利益目的でブリーダーをしている場合は、流行の犬種を育てようとしますが、本当にワンちゃん好きなブリーダーさんは、自分が好きな犬種に絞って流行に流されることはありません。
その分その犬種についての知識も深く、愛情を持って飼育しています。
子犬を健康に育てるためには、清潔な環境に配慮する必要がありますので、犬舎を清潔に保っているかどうかが大事なポイントになります。
それを確認するためには、実際に犬舎を見せてもらえばいいので、もしも見学の申し込みを拒まれたりした場合は、他のブリーダーを当たった方がいいでしょう。
実査に見学して、犬舎を含めキレイな環境で飼育している場合は、優良ブリーダーである可能性が高くなります。
ただし、生まれたばかりの子犬がいる場合や、見学に行くことで衛生面に不備が出るなど、正当な理由を伝えてくる場合は、優良ブリーダーである可能性は残されます。
優良ブリーダーに出会うためには、複数のブリーダーを見学することがおすすめで、会って話をすることで、人柄も良く理解することができます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク