横浜で犬の火葬ならお任せ下さい。

横浜で犬の火葬
2018年12月18日

業者選びは慎重に

家族の一員と言っても間違いない、愛犬。
亡くなった時には、しっかりと火葬して見送ってあげたいという人が増えてきています。
犬火葬は人間と違い、基本的には合同で行われることが一般的となっています。
しかし近年では、個別でのペット葬儀や犬火葬、さらには納骨堂を用意して欲しいという声が多く、横浜にもこのようなペットの火葬業者が増えて生きています。
そのため、業者選びはとても大切になります。
極論を言ってしまえば、骨になってしまったら本当に愛犬かどうかはわかりません。
中には、個別の犬火葬と謳い、実際には合同で仮装を行い、適当に納骨する、悪徳業者も一時期は増えていました。
長年共に過ごし、愛したペットをしっかりと見送ってあげるためには、きちんとしたペット葬儀会社を選ぶようにしましょう。

愛したペットと最後の別れ


愛犬の葬儀をお願いしました。
私たち夫婦には子供がおらず、子供同然に可愛がってきた愛犬が、先日旅立ちました。
20年も生きてくれ、最後も穏やかに息を引き取った我が子とのお別れは、ちゃんと形で見送りたいと夫婦で話し合い、ペット葬儀を行ってくれる会社にお願いしました。
横浜に、こんなにペット葬儀の会社があるなんて知りませんでしたが、こちらは葬儀から愛犬火葬、さらに納骨堂も用意されているということで、しっかりと最後を見送ってあげられると感じました。
実際、葬儀も盛大に執り行われ、火葬から納骨までやってもらいました。
遺骨は骨壷に納めら、渡してもらいました。スタッフの方に、自分で骨壷に入れられないか相談しましたが、それは難しいと言われ残念でした。
理由としては、人間と違い骨が少ないペットは、掴んだりできるほど骨が残らないことも多いそうです。
我が家には仏壇を用意し、毎日手を合わせています。
少しでも安らかに眠ってくれるように、私たち夫婦も心配をかけないように、毎日笑顔を絶やさずに生活したいと思います。



PageTop